フレッツテレビ&ひかりTVからアンテナへ
お切り替えの手順と費用

費用について

ご希望のテレビアンテナ工事については費用が発生しますが、基本的にフレッツテレビやひかりTVからアンテナへのお切り工事自体はサービス(無料)となっております。フレッツテレビは同軸ケーブルを利用しますので、同軸ケーブルをアンテナに繋ぎ変える工事が必要です。おおがかりな工事にならないため格安でご提供させて頂いております。

アンテナへのお切り替えの手順

フレッツテレビとひかりTVから、アンテナにお切り替えするさい、インターネットやひかり電話に影響はございません。アンテナ工事をすれば、その日からすぐにテレビを視聴できるようになりますので、お客様がご不便を感じることもありません。アンテナを設置してしまってから、使用しなくなったフレッツテレビとひかりTVの解約手続きをおこなえばよいでしょう。アンテナ工事をする前に、フレッツテレビであればNTT(0120-116-116)に、ひかりTVであれば加入なさっている会社にお電話をして、念のため解約手数料を確認してください。特に問題がなければアンテナの工事日を決めて参りましょう。

フレッツから他社へのお乗り換え

フレッツからソフトバンク光、auひかり、ニューロ光など、他社へお乗り換えする場合、まずお客様のご自宅が対応エリアかどうかを確認しましょう。auひかりは対応していてもニューロ光は対応していなかったり、あるいはその逆もあったりするので、ご希望通りにならない可能性もございます。工事に関してはフレッツの配線を転用しますので、工事費はさほどかからないか無料となります。以上のことが確認出来ましたら、先行してアンテナ工事をしたほうがよいでしょう。電波を受信できるかどうかを調査した結果、アンテナを設置出来ないということも稀にございますから。弊社の相談窓口にお問い合わせ頂ければご不明な点を改めてご説明させて頂きます。迷ったらお気軽にお電話をなさってくださいませ。

フレッツテレビの仕組みとアンテナ工事

NTTフレッツは電柱から光ケーブルを引っ張ってきて、宅内に引き込み、光コンセントにインタネットの電波を送信します。さらに光コンセントとONU(光回線終端装置)を光コードで接続し、ONUからルーター、ひかり電話、そしてフレッツテレビへとそれぞれ配線を行え、それぞれの機械へ接続できるようになっています。ONUから最も近くのテレビ端子に流し込んだ地デジやBS・CS放送波は、宅内の天井裏や屋根裏に設置されている分配器を通じて、各お部屋のテレビ端子にそれぞれ分配されていきます。この状態ですと、建物に備わっている同軸ケーブルはフレッツテレビが使用している状態となりますので、ONUとテレビ端子を接続している同軸ケーブルは取り外し、アンテナからの同軸ケーブルを外壁に設けてある引き込み線と接続します。するとアンテナで受信した電波は分配器を通じて、各お部屋のテレビ端子に流れ込むようになります。まれに引き込み線をハウスメーカーが設けていない場合もございますが、弊社の職人が作成できますのでご安心下さいませ。

フレッツテレビの電波

NTT東日本は、電波信号を光信号に変換して光ファイバーに放送波を乗せます。光信号に変換された放送波がお客様のご自宅に届いた時点で、ONU(光回線終端装置)を経由して再び元の電波信号の放送波に変換されONUの同軸端子から出力されます。つまりアンテナで受信する放送波と同じ質のものに元通り戻されるわけです。そのためアンテナに切り替えるということは、ONUの同軸端子から出ている同軸ケーブルを取り外し、アンテナと繋がっている同軸ケーブルに切り変える必要があります。ややこしいですが、CATVとは異なり、フレッツテレビの放送波はアンテナと同じ性質のものでありますから、テレビ配線(同軸ケーブル)を経由して複数のテレビ端子(丸い差込口)に放送波を流すことができるのです。

「ひかりTV」の電波

電波信号をIP信号に変換して放送波をお客様のご自宅に届けるのがひかりTVです。このIP信号はLAN配線を使ってセットトップボックス(STB)で受信し、AV信号に変換してテレビに映し出します。テレビ配線(同軸ケーブル)はAV信号を受信出来ませんので、フレッツテレビとは異なり、テレビ端子を使用してテレビを観ることができない仕組みになっています。フレッツテレビとひかりTVは、インターネットを使ってテレビを見るサービスということは共通していますが、似て非なる仕組みになっています。

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナ

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。