三鷹市でテレビアンテナ工事をお考えの方へ

あさひアンテナでは三鷹市での工事実績多数。
三鷹市でアンテナ工事でお困りの方はお任せ下さい。

三鷹市は東京都の多摩地域東部に位置する市で、平成30年6月1日現在で、人口187,270人93,783世帯の人々が暮らしています。 武者小路実篤や山本裕三、太宰治、三木露風など多くの作家達が暮らしていたことでも有名です。また、緑豊かな自然が多い公園都市でもあり、国立天文台三鷹キャンパスや井の頭公園、野川公園などがあります。 地デジUHFテレビアンテナの受信状況としては、電波の良いエリアです。アナログ放送(東京タワーからの電波)から地デジ放送(スカイツリーからの電波)に切替わり、電波状況が良好になった為、屋根の上に設置する八木式アンテナ(魚の骨のような形状の物)だけでなく、壁面に取付けられるデザインアンテナでも受信が出来るエリアです。また、地デジアンテナを屋根裏に設置してしまう「アンテナ屋根裏設置」も実績のあるエリアとなっています。 とはいえ、アンテナは無線電波を受信するシステムです。取り付けには、実際に現地で電波測定をする必要がありますので、お気軽にあさひアンテナまでお問い合わせください。あさひアンテナでは、現地にて電波測定後、実際の電波状況をお伝えしたうえで施工を行ないますので、安心してお任せください。

三鷹市の方でアンテナ工事に関するよくある質問

Q

東京MXは映りますか?

A

受信できることの多いエリアです。地デジアンテナ取り付け位置と、電波方向(スカイツリー方向)との間に遮蔽物などが無ければ、比較的受信のしやすいエリアです。周辺環境によっては受信できない場合もございますので、現地にて調査のうえ、出来る限りお客様のご希望に合った工事を致しますので、お気軽にお問い合わせください。

Q

その他の地方チャンネル(テレビ埼玉、千葉テレビ、神奈川テレビ)は映りますか?

A

東京MX以外の地方チャンネル(地方局)は、全てスカイツリー以外からの電波送信塔によって、送信されています。それでも、地方局の電波送信塔に近かったり、スカイツリーと同じ方角に電波送信塔があるような場合には、その地方局も受信できたりするのですが、三鷹市は基本的にはアンテナ1本では東京MX以外の地方チャンネルの受信は難しい状況です。しかし、地方チャンネル用にアンテナをもう一つ設置するなどすれば、その局も受信できる可能性があります。あさひアンテナでは、多くのお客様のご要望にお応えすることのできるよう、パラスダックアンテナという高性能のアンテナもご用意していますので、お問い合わせの際に、是非ご相談ください。

Q

三鷹市の方でテレビの映りが悪い。修理したい方

A

テレビ画面に、四角く点のような物が入ってしまう現象をブロックノイズと言います。ブロックノイズが出てしまうのにはいろいろな原因が考えられますが、その一つに、アンテナ受信レベルの低下が考えられます。アンテナの方向が間違っていたり、周辺環境の変化があったり、アンテナ機器類の故障などが考えられます。
まったく映らなくなってしまった場合でも、同じように様々な原因が考えられます。
あさひアンテナでは、熟練の職人が高性能の電波測定器を使って調べますので、不具合の原因特定から修理修繕まで、迅速かつ確実に行ないます。テレビ視聴でお困りのかたは、あさひアンテナまでお問い合わせください。

Q

中古物件を購入し、三鷹市に引越しをしてテレビを設置したのに映らないという方

A

もし、引っ越した先の住宅に地デジUHFアンテナが設置されているのにテレビが映らない!というかたは、まずはテレビ本体の「初期設定」もしくは「再設定」や「受信設定」を行ない、チャンネルをスキャンさせてください。それでも映らないようでしたら、前の所有者がフレッツテレビやケーブルテレビで視聴していたなど、ほかの要因が考えられます。その場合は、専門業者による工事が必要になりますので、一度あさひアンテナ迄ご連絡ください。

Q

三鷹市でアンテナが倒れた

A

昔のアンテナ工事は、ワイヤーや屋根馬(アンテナの土台)が錆びやすい物を使っていたので、ある程度の年月が経つと朽ちて、倒れたり傾いたりしてきます。倒れたアンテナはもちろんですが、傾いているアンテナをそのまま放置していると、テレビの映りが悪くなるだけでなく、屋根から落下したり、倒れた衝撃で屋根を破損したりするなど、二次災害の危険性があります。そのため、早急に撤去するなどする必要があります。
あさひアンテナでは、既存アンテナの撤去やアンテナ新設などを、即日対応にて承っております。使っている部材も、ステンレス製のワイヤー(アンテナ支線)や、溶融亜鉛メッキなどの、錆びにくい素材の物を使用しています。また、最近の主流は壁、面取り付けタイプの「デザインアンテナと」いうテレビアンテナです。こちらのアンテナですと、倒壊の恐れもなく、非常にスタイリッシュな外観ですので、是非ご検討いただければと存じます。
アンテナ倒壊、アンテナ修理でお困りの方は、是非あさひアンテナまでお問い合わせください。

三鷹市についてもっと知りたい
これからお引越しを考えている方

三鷹市てどんなところ??

三鷹市は緑が多い住宅街や、駅前には三鷹コラルやラトレヴィ三鷹などの商業施設や、スーパーはオオゼキや東急ストア、成城石井や紀伊国屋などがありショッピングに不自由のないまちです。大きな公園はございませんが、おとなりの吉祥寺に井の頭公園がございます。また、世界的に有名なスタジオジブリの「ジブリの森美術館」があるまちとしても有名です。

三鷹市の場所

都心から西へ約18kmで東京都のほぼ中央に位置しています。周りを杉並区、世田谷区、小金井市、調布市、武蔵野市に接しています。

市の木:いちょう
市の花:はなかいどう

三鷹市の鉄道路線

三鷹駅(JR総武線、中央線、中央本線)、井の頭公園駅(京王井の頭線)、三鷹台駅(京王井の頭線)

三鷹市の主要道路

高速道路のインターチェンジは無いが、中央道が東西に走っていて、高井戸ICや調布ICが近くにあります。また、現在建設中の外環道と中央道とのジャンクションが設置される予定で、それに伴いインターチェンジも設置される予定です。
一般道は、都道14号、都道110号、都道117号、都道114号、都道134号、都道121号、都道12号、が通っています。

三鷹市のお出かけスポット

三鷹の森ジブリ美術館(下連雀)、井の頭恩賜公園(武蔵野市)、吉祥寺(武蔵野市)、野川公園(三鷹市大沢)、国立天文台三鷹キャンパス(三鷹市大沢)、井の頭弁財天(三鷹市井の頭)、三鷹市山本有三記念館(三鷹市下連雀)、玉川上水緑道(三鷹市)、森鴎外墓所(三鷹市下連雀)、太宰治墓所(下連雀)、太宰治文学サロン(三鷹市下連雀)、などがあります。
なかでも断トツ一番人気なのが、やはり三鷹の森ジブリ美術館ですね!井の頭公園と隣接していて、とても雰囲気のいい落ち着いた場所です。

三鷹市出身の芸能人

ウエンツ瑛士(タレント)
大野智(タレント)
ともさかりえ(タレント)
林家木久蔵(落語家)
蝶野正洋(プロレスラー)

三鷹市町域別対応エリア

ア行

井口(イグチ)、井の頭(イノカシラ)、大沢(オオサワ)

カ行

上連雀(カミレンジャク)、北野(キタノ)、

サ行

下連雀(シモレンジャク)、新川(シンカワ)、深大寺(ジンダイジ)

ナ行

中原(ハカハラ)、野崎(ノザキ)

マ行

牟礼(ムレ)

三鷹市の施工事例

アンテナ本体 型番

  • デザインアンテナ

    型番:UAH201(最新モデル)
    (同軸ケーブル:白か黒の2色のうち、おすすめは外壁になじむ色)
    工事費込み 20,000円

    カラーバリエーションはオフホワイト、ライトブラウン、スーパーブラック、ブラックブラウンの4色から現場で選択することが可能です。同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。壁面に取り付けの場合は、極細のビスを6箇所打ち込んで金具を取り付け、金具にガチャンと本体をはめ込みボルトを締めるだけの簡単施工が可能なため建物へのダメージを極力軽減できます。ブースターが必要な場合はUAH201の背面にスッキリ取り付けられる構造になっており、表にブースターが露出しないので外観もキレイに保てます(弊社では電波状況が悪くない限り、なるべくブースターも屋内の、分配器の近くに隠してしております)。修理の場合、ブースター内蔵タイプのデザインアンテナとは異なり、ブースターだけの交換をできるメリットがあります。太陽光発電システムや片流れ屋根で屋根上に屋根馬を立てられず昔ながらの八木アンテナを設置できない住宅にも最適。耐風速(破戒風速)50m/sですが、屋内や外壁など、強風の影響を受けにくい取り付け位置と形状をしているため、災害にも強いアンテナとなっております。当店人気ナンバー1の地デジアンテナでございます。

  • 八木アンテナ

    型番:UA20(最新モデル)
    工事費込み 15,000円

    その昔、八木秀次博士が発明した形状(魚の骨のような形状)からマイナーチェンジを繰り返し洗練されたフォルムとなり、中・弱電界エリアにも対応可能な安心のDXアンテナ社製。UHF20素子アンテナの性能で、吹きさらしで障害物の少ない屋根上に設置することが多いため利得が高くなっております。万が一、壁面や屋内でデザインアンテナを取り付けられない物件 にも最適。従来の鉄製の太いワイヤーとは異なり、ステンレス製の丈夫で錆びにくいワイヤー(支線)を採用。アンテナマストから屋根の四隅に向けて4本の支線を張り巡らせ、さらに張り巡らせた支線の途中からも屋根馬に向けて4本の支線をバランスよく張り、合計8本の支線で頑丈に設置しております。サイズは51.8cm×34cm×101.4cmとなっており、VHF(アナログアンテナ)と比較して、大幅なサイズダウンと軽量化がなされています。しかも耐風速(破壊風速)50m/s。地デジ放送が始まる前の時代より、屋根上に設置するアンテナは災害に強くなっていると言えるでしょう。当店で人気ナンバー2の地デジアンテナでございます。

  • 2K4K8K対応 BS/CS110度アンテナ

    型番:BC45AS(最新モデル)
    工事費込み 15,000円

    2018年12月1日以降、実用放送開始予定の4K8K衛星放送(NHKのみ4K&8Kを同時配信)に備えてオールマイティーなDXアンテナ社製のBC453をBS放送、CS放送をご覧になりたいすべての方へ提供しております(大規模な集合住宅は例外)。従来の2K専用BS/CS110 度アンテナと同じでサイズで円盤の直径は45センチ。そうでありながら、電送周波数の帯域が広いため、従来のフルハイビジョン(2K放送・約200万画素)からスーパーハイビジョン(4K放送・約800万画素/8K放送・約3,300万画素)まで受信可能です。「大は小を兼ねる」と言えます。2020年のオリンピックに向けて4K8Kの実用放送がますます拡充されるということが総務省より発表され、各メーカーの4K8Kテレビは増産がはじまり、その価格も落ち着いてきました。そのような状況のなか、あさひアンテナにも2K4K8K対応BS/CS110度アンテナの問合せが数多く寄せられております。最新式のアンテナでも、大量仕入れでコストをおさえて仕入れておりますので、低価格を実現できました。