世田谷区奥沢|新築アパートにデザインアンテナ+BSアンテナ工事

2018年11月19日

世田谷区奥沢の新築アパートで地デジアンテナとBSアンテナの夜間工事をさせて頂きました。オーナーの住居用に2世帯、賃貸用に2世帯、計4世帯のアパート規模の物件です。この規模の建物としては、少々込み入った配線状況でございました。テレビアンテナ用の引き込み線が各世帯のために備わっており、つまり引き込み線が4本あり、したがって各部屋のテレビ端子に配線を分配する分配器も4カ所あるという複雑な構造になっていました。ハウスメーカーが各世帯ごとで電気代をきっちり分けるためにそのような設計をしたのでしょう。

デザインアンテナの取り付けについて

工事の方法はまずデザインアンテナ本体に接続した同軸ケーブルに4分配器を取り付けなくてはならないのですが、屋外で露出した4本のケーブルを長く伸ばすと、さすがに見栄えが悪くなります。そのためウオルボックス(屋外防水用プラボックス)をあらたに設置して4分配器とブースターを隠すことにいたしました。いちばん小さなウオルボックスを採用し、なるべく目立たないようにいたしました。

「分配器が多いのでブースターがたくさん必要なのかと思って、高額になるのではないかと心配していました」とおっしゃっていたオーナー様ですが、結果としてブースターは1つのみの設置で済み、各部屋に備わる合計12ヵ所のテレビ端子に電波が行き渡るようになり、大変喜んでいただけました。「引き込み線のすぐそばにアンテナを設置してもらって配線が短くてよかった」と配線の処置にも満足していただけました。

地デジアンテナの電波は?

3階建ての建物で屋上からはスカイツリーが目視で確認でき、電波状況も大変良好でした。
今年10月1日に日本列島を襲った台風24号で証明されたのは、デザインアンテナが強風には負けないということ。修理の依頼が殺到する中、飛んできた物がぶつかったという事故を除いて、デザインアンテナを設置していた物件のお客様からの「台風が原因でテレビがうつらなくなった」という問い合わせはゼロでした。
末永くお使いいただけるように工事いたしました。万が一、不具合がでましたら必ずかけつけます。
実りある新生活をお祈り申し上げます。

ウオルボックスの中にUB混合ブースターと分配器を隠しました

世田谷区奥沢の新築アパートにデザインアンテナとBSアンテナを屋上に設置させていただきました

アンテナ本体 型番