練馬区上石神井|新築に八木アンテナ+4KBSアンテナ設置工事

2018年08月27日

ご新築おめでとうございます。最初はケーブルテレビをご検討なさっていたご夫婦ですが、月額料金を考えるとテレビアンテナに決めたそうです。そういう事情でしたら、アンテナで大正解です。そのコストパフォーマンスたるや計り知れないものがあります。なんと言ってもテレビ番組を無料で視聴できるのはアンテナだけですから。場合によっては終の棲家となるご自宅ですが、10年…20年と長い目でみたら、お得になるのは間違いありません。それどころか大体2年程度で初期コストの分はペイできてしまう仕組みになっているのです。

さて、練馬区上石神井は電波塔(東京スカイツリー)からの距離でいえばさほど離れた位置ではございませんが、いかんせん住宅密集地域でございます。お電話の段階ではデザインアンテナをご希望なさっていましたが、壁面で電波測定をすると、「悪天候でもテレビが綺麗に映る」という基準値に電波レベルがたっしておりませんでした。ご希望に添えず残念です。しかしながら、不測の事態に対応できるよう、あさひアンテナの職人は作業車にほとんどすべての部材を積んでおります。

屋根上に設置するタイプのお馴染み八木アンテナ高性能タイプを用いて、屋根上で電波測定をおこなうとバッチリ基準値に達していました。それで今回は急遽八木アンテナに変更し、一本のアンテナマスト(ポール)に2K4K8K対応のBS/CSアンテナをまとめることに致しました。

練馬区桜台の新築にテレビアンテナを設置させて頂きました。4KBSもあわせて工事。末永くお使い頂けます

ごく最近の新築物件には、4K8K対応の部材が設置されているのですが、昨年(2017年の秋)ようやく4K8K対応の部材が各メーカーから発売されたという事情もあり、上棟したタイミングが2016年であったり早すぎた場合は4K8K対応の部材が備わっていない新築もございます。新築なので配線はS-5C-FBという品番のもので、4K8K対応になっていますが、テレビ端子と分配器は非対応でした。

4K8K非対応のテレビ端子。2150MHzと記載がありますが、4K8Kには3224MHzまでの周波数帯に対応させる必要があります

4K8K対応のテレビ端子に交換作業中の様子。プレートを取りはずして、壁の中の配線と接続します

お立ち会い頂いた奥様、冷たいおしぼりありがとうございました。残暑がございますので冷たいお茶も五臓六腑に染み渡る心地が致しました。テレビドラマ「陸王」の話題で盛り上がりましたが、巨大なスポーツウェア企業に立ち向かう足袋屋のモデルとなった「きねや足袋」は埼玉県行田市にあり、わたしがとび職の時代に愛用していました。履き心地は他のメーカーで追随するところはなく最高でした。

楽しい現場でした。実りある新生活をお祈り申し上げます。

アンテナ本体 型番