習志野市東習志野|E202のエラー表示|アンテナが倒れた

2018年08月26日

テレビ画面に表示されるE202というエラーコードは「何らかの原因で電波がテレビに届いていない状態」を意味します。配線が抜けていても、アンテナが倒れていても、ブースターが故障していても、とにかくテレビに電波が届いていなければ、テレビ本体に内蔵されている電波レベル測定器は、E202と判断します。ちなみにE201は「電波レベルが低下している状態」、E203は「チャンネルが放送休止している状態」を意味します。テレビアンテナ工事業者へのお問い合わせで圧倒的に多いのが、E202となりますので一応、簡単に解説させて頂きました。

さて、習志野市東習志野で「アンテナが倒れた」「テレビが映らなくなった」「E202が画面に表示されている」とお問い合わせがあり、さっそく修理におうかがいさせて頂きました。通常は四本足の屋根馬がバランスよく設置できない「片流れ」という傾斜が1面しかないタイプでしたが、屋根馬を加工して八木アンテナが設置されていました。アンテナマスト(ポール)が地面に対して垂直になるようにするために、パイプカッターという工具で屋根馬をの足をカットして、屋根の形状にあわせてありました。支線を屋根の四隅に張る時、強度を保つことが難しい工事ですが、あさひアンテナでも同様の工事はもちろん可能です。ご希望があればおっしゃってくださいませ。

今回は経年劣化と、強風の影響によりアンテナが完全に倒壊しておりましたし、アンテナも錆びて古くなっていたので、交換の必要がございました。

習志野市東習志野でアンテナが倒れたとお問い合わせがありました。テレビ画面にはE202のエラーコード

また同じようなことにならないようにするためにも、外観を綺麗にするためにも、破風(ハフ)にサイドベースという金具を打ち込んで、ポールを立て、テレビアンテナを設置しなおしました。しばらくテレビを視聴出来なかったお客様には、施工後「あー! ついたー! 1ヶ月ぶりだあ」とめちゃくちゃ喜んで頂けました。ずいぶんとお喜び頂けまして、見ているこちら側もうれしくなりました。末永くお使い頂けるように、丁寧に工事させて頂きました。お楽しみくださいませ(*^^*)

サイドベース(壁面金具)を使用して、見た目をすっきり。地デジアンテナを新たに設置致しました

アンテナ本体 型番